DIALOGUE

公園コミュニティ
これからについて

地域のコミュニティの場となることも、公園の大切な機能です。

コミュニティの場というのは、たとえば音楽やアートのイベントを開催することができたり、いっしょに考えたり、学んだりすることができる場となるということです。

現在の代々木公園にはイベント広場や野外ステージがあり、貸し出しを行っています。

一方で、施設の老朽化と、室内に集える場所がないことに対して改善して欲しいという意見もあります。

私たちは、スタジアム計画の一環として、

・イベント広場、野外音楽堂をリニューアル

・スタジアムの付帯施設としてカンファレンス会場を併設

することで、よりコミュニティの場として充実した代々木公園になることを提案しています。

代々木公園といえば、イベントですよね。

多種多様なイベントが毎週のように行われていて、行くたびに新しい出会いがありますね。

ただ、たしかに老朽化している気もしますね。

野外ステージは古くなって使いにくいという意見もあるんです。

たしかに古くなってきていますね。それはそれで、味があってよい気もしますけど。

室内に集まれる場所がないというのは、たしかにそうだね。地域の囲碁の大会をやりたいんだけど、そういう場所があるといいんだけど。

スタジアムの付帯施設として、小規模から大規模までレイアウト可能な室内コミュニティスペースをつくろうという計画なんです。

アートのイベントなんかは、室内の方がよいですよね。

ただ、なんでも新しくつくればいいってものでもない気がしますが。利用されない公共施設ってたくさんありますでしょ。

そうですね。必要なものを必要なものだけ。という発想で考えて欲しいですよね。

たしかにその通りです。公園をどういうコミュニティの場にするとよいのか。スタジアム計画をひとつのきっかけにして、多様な意見が集まることが私たちの願いです。

代々木公園を“地域のコミュニティの場”と考えた時に、
あったらいいなと思う施設や設備、
やってみたいことなどの意見やアイデアがあったら教えてください。

CONTACT

ご意見はこちらへお願いいたします。
ご質問については構想段階のためお答えできない場合がございます。
あらかじめご了承ください。
(コメントの削除依頼はこちらよりお願いいたします。)

OFFICIAL SNS

© 2019 Future Design Shibuya. All rights reserved.